アニメ「銀河英雄伝説(本伝・第1期)」の第18話「リップシュタットの密約」の見どころ

帝国国内ではラインハルトたちと、門閥貴族との対立が激しくなってきていました。
多くの貴族たちが反ラインハルト派にまわっている状況で、マリーンドルフ伯爵家のヒルダはラインハルトに味方をすることを決めます。
味方が少ないうちにラインハルト側につけば、勝利の後に家が断絶されるリスクがなくなるどころか厚遇されることになるというのがヒルダの目論見に出、それをはっきりとラインハルトにも告げて、彼の興味を引き味方になることを約束するのでした。
一方で門閥貴族たちは、園遊会を開くという理由でリップシュタットという森に集まるのですが、これは決起集会で連合してラインハルトに立ち向かおうと立ち上がるのでした。
これがリップシュタット連合と呼ばれるようになるのですが、大貴族から弱小の貴族までとにかく集まっただけというような、まとまりのない寄り合い所帯のような状態なのは始めからわかっているような状態で、大貴族だからと軍を率いるのは難しいのは明白です。
そこで盟主のブラウンシュバイク公とリッテンハイム侯は、貴族でもあり名将としての名声も高いメルカッツ上級大将にリップシュタット連合軍の総司令官に就任するように要請します。
はじめはメルカッツ上級大将は総司令官就任を拒否したのですが、家族などの安否をネタに脅迫されて総司令官に就任することになるのでした。
軍の体制が整う中で、内乱を起こしたくないブラウンシュバイク公の部下であるフェルナ―大佐によってラインハルトの暗殺未遂事件が起こります。
事件は未然に防がれるのですが、これをきっかけに帝国内の内乱が勃発してラインハルト陣営は一気に貴族たちの捕縛に動きます。
多くの貴族が捕まる中、ブラウンシュバイク公とリッテンハイム侯たち大物の貴族は民間人を盾にして逃げだして、ガイエスブルク要塞に集結します。
これを討伐するためにリップシュタット連合討伐軍が作られて、帝国の内乱が本格化するのでした。

「銀河英雄伝説(本伝~外伝)」のアニメ動画(全165話)を見放題で視聴する方法

「銀河英雄伝説(本伝~外伝)」のアニメ動画(全165話)を見放題で視聴する方法

アニメ「銀河英雄伝説(本伝・第1期)」の第17話「嵐の前」の見どころ

帝国軍で力をつけたラインハルトは門閥貴族との戦いに備えて、敵対する同盟軍をその間混乱させるために、同盟軍から逃亡しようとして捕虜となっていたリンチ少将を利用することを考える。
彼を利用して同盟国にクーデターを起こさせて混乱を引き起こして、帝国軍の方に攻めて来られなくしておこうという事だ。
帝国内はフリードリヒⅣ世が前話で亡くなるということがあったことで、ラインハルトと門閥貴族との争いを表面化させるというような事にもなっており、一触即発の状態の様になってきたのであった。
一方で同盟側の切れ者であるヤン提督はイゼルローン要塞司令官となったヤンはこの企てを見抜いて、上官であるビュコック司令にその考えを伝えて、このクーデターの阻止をしようとした。
表面的には帝國と同盟は先の大きな戦争を経験していたので、維持的な休戦状態となっており、これを利用して捕虜の交換という事をラインハルトは考えたわけです。
この捕虜交換で上記のリンチ少将を潜り込ませて同盟軍の国内を混乱させるという事を企てたという事になります。
この捕虜の交換では帝国側はラインハルトの次の地位にあるキルヒアイスが代表として登場し、同盟軍からはヤンの秘蔵の子のユリアンが登場して出てくるという事になり、共にナンバー2が相まみえるという事になったわけです。
ただ、ユリアンの場合は実質的なという事では無く、単にヤン提督に近い存在として登場したという事であって、権力があるというわけではありませんでした。
役目は単に捕虜の交換を見届けるという役目ですから、誰でも良かったわけで、それに選ばれただけという事になるのかもしれません。
ただ、このユリアンが将来的には大きな役割を果たす人物になるので、この対談は見ものだったというほかありません。
お互いにトップが出て来られない状況ですから、その次の者の役割というものは大きなものがあるわけです。
当然かれらが次の戦いでも活躍することになるわけですが、その戦いに向かう嵐の前がこの回でした。

「銀河英雄伝説(本伝~外伝)」のアニメ動画(全165話)を見放題で視聴する方法

「銀河英雄伝説(本伝~外伝)」のアニメ動画(全165話)を見放題で視聴する方法

アニメ「銀河英雄伝説(本伝・第1期)」の第16話「新たなる潮流」の見どころ

同盟軍は大敗して、ヤン・ウェンリーの第13艦隊がしんがりを務めてかろうじて生き残りがイゼルローン要塞に逃げ込んだところから第16話「新たなる潮流」ははじまります。
帝国軍は大勝したことでお祝いムードで、ラインハルトの前には各艦隊の司令官たちがそろって戦いの感想などを語り合っていました。
そこにビッテンフェルトが現れるのですが、帝国軍が大勝している中で彼の艦隊だけはヤン・ウェンリーにやられてしまって、逃走を許してしまう結果になってしまっていました。
気分の良かったラインハルトもビッテンフェルトの顔を見ると不機嫌になり、彼を処罰しようとします。
しかし腹心であるキルヒアイスがそれを止めてなんとかとりなすことで、再びチャンスを得ることができるのでした。
負けたほうの同盟の方も大きな変化が訪れていました。
帝国への進攻の失敗を受けて政権が総辞職してしまったのです。
その中で唯一進攻に反対をしていたトリューニヒトが暫定政権の首班となり、同名の代表へと就任します。
同じく同盟軍の首脳の多くも進攻には反対の立場だったのですが、こちらは多くが辞職することになり、ヤン・ウェンリーの理解者たちの多くが第一線から退くことになりました。
唯一といっていい出世をしたのがヤン・ウェンリーで、彼は対象に昇進してイゼルローン要塞の司令官として着任することになったのです。
同じころ帝国でも政権を揺るがす大事件が起きていました。
帝国皇帝でラインハルトがいつか打倒しようとしていたフリードリヒⅣ世が崩御したのです。
フリードリヒⅣ世の崩御によってラインハルトとキルヒアイスは、アンネローゼが自由になると喜ぶのですが、帝国の政情は不安定でこれから波乱が起きることが予想されます。
このように第16話「新たなる潮流」では、大きな戦いの後始末と新しい体制、そして再びの動乱が予想される隙間のような回になっていて、二人の主人公が少しだけ落ち着ける話になっています。

「銀河英雄伝説(本伝~外伝)」のアニメ動画(全165話)を見放題で視聴する方法

「銀河英雄伝説(本伝~外伝)」のアニメ動画(全165話)を見放題で視聴する方法